北日本非破壊検査株式会社

超音波自動探傷試験システム

鋼構造物の溶接部内部欠陥探傷方法は、今まで放射線透過試験が最も一般的でした。
最近になって、超音波自動探査試験システムが採用されはじめ、その優れた記録性と検査品質は安定した精度の高いデータを提供します。このシステムは本州四国連絡橋で大幅に採用されました。今まで鋼橋の溶接部分で重要な突き合わせ溶接や角溶接の部分、そのほか水圧鉄管の溶接部分の検査に
採用されるなど、いろいろな分野で幅広く活躍しております。

 

  AUT1
  AUT2
  AUT3