北日本非破壊検査株式会社

原理

コンクリート中の鉄筋などの鋼材腐食は、電荷の移動を伴う電気化学反応で、腐食を起こしている箇所をアノード域、その周囲をカソード域といいます。
鉄筋が腐食しているとき、電子は鉄筋中をアノード域からカソード域へ流れ、アノード部(腐食部)の電位は卑側(マイナス側)に変化します。この電位を測定することにより、鉄筋の腐食推定を行います。


 自然電位 原理  自然電位 装置

判定基準

「自然電位法による鉄筋腐食診断技術に関する共同研究報告書」による判定基準を以下に示します。


 自然電位 判定基準

測定例

測定状況
 自然電位 判定基準


測定結果例
 自然電位 測定結果