北日本非破壊検査株式会社

コンクリート調査関連

コンクリート関連記事一覧

コンクリートの目視調査を行い、変状の分類(ひび割れ、ジャンカ、鉄筋露出等)を行います。また、ひび割れ発生パターンから発生原因の推定を行います。

電磁波の鉄筋による反射を利用して、鉄筋位置・かぶりを推定します。          

GSSI社製電磁波レーダ装置ストラクチャスキャンSIR-EZ HRで、測定結果を3次元化表示して埋設物を推定します。          

各種試験用のコンクリートコアを採取します。例 圧縮強度、中性化深さ、塩分含有量、残存膨張量削孔状況 

採取したコアの側面もしくは割裂面で中性化深さを測定します。

コアもしくはドリル法で分析用試料を採取します。

コンクリート中の超音波はひび割れを迂回し、最短距離を伝播する性質があります。コンクリート中の音速と探触子間の距離及び伝播時間からひび割れ深さを算出しま...

超音波は内部欠陥(ジャンカ、空洞等)はほとんど通過しないか、通過できても高周波成分が著しく減衰します。また、コンクリートはセメント、骨材の複合材料であ...

コンクリート表面をテストハンマー(シュミットハンマー)で打撃し、その反発度を測定します。 反発度から圧縮強度への変換には、材料学会の換算式を用います。...

コンクリート中の鉄筋などの鋼材腐食は、電荷の移動を伴う電気化学反応で、腐食を起こしている箇所をアノード域、その周囲をカソード域といいます。鉄筋が腐食し...

外部供試体(ボス供試体)型枠を取り付け、躯体コンクリートと同時に内部へ打設し、脱型後外部供試体を取り外し、強度試験を実施します。