本文へスキップ

KITANIPPON NON-DESTRUCTIVE INSPECTION CO.,LTD.

TEL. 025-286-4567

新潟県新潟市東区南紫竹1丁目2番14号

Penetrant Testing浸透探傷試験

浸透探傷試験とは

金属または金属以外の材料の表面に開口している肉眼では確認できない微細な傷
3つの薬剤(浸透液・洗浄液・現像液)を用いて容易に確認できる方法です。
(但し、木材などのような多孔質材料は除きます。)

原理・特徴

検査方法(一般的な溶剤除去性染色浸透探傷検査の手順) ※図1参照
@前処理
 洗浄液を用いて検査部表面の汚れなどを取り除きます。
A浸透処理
 浸透液を検査部に塗布し、しばらく放置します。
B除去処理
 検査部表面の浸透液を乾いたウエスで拭き取ります。
 その後洗浄液を染み込ませたウエスで残りの表面の浸透液を拭き取ります。
C現像処理
 現像液を検査部に均一に薄く塗布します。
D観察
 充分に明るい白色光のもとで検査部を観察します。
 きずがあれば鮮明な赤色の指示模様として現れます。


 図1
    

実際の試験状況


   
  熱交換機外面に発生した      ボイラー火炉内          ステンレス配管外面に発生した
  応力腐食割れ           スーツブロワ先端の焼き割れ    応力腐食割れ

バナースペース

北日本非破壊検査株式会社

〒950-0854
新潟県新潟市東区南紫竹1丁目2番14号

TEL 025-286-4567
FAX 025-286-8026
khk111@r7.dion.ne.jp