北日本非破壊検査株式会社

原理・特徴

材料の表面に開口しているきずを確認する方法です。木材など多孔質材には適用できません。
以下に手順を示します。(溶剤除去性染色浸透探傷試験速乾式現像法)
@前処理:洗浄液等をを用いて検査部表面及びきず内部の汚れを除去します。
A浸透処理:浸透液を検査面に塗布し、しばらく放置し、きずに染み込ませます。
B除去処理:余剰浸透液をウェス等で除去します。
C現像処理:現像剤を検査面に一様に塗布します。
D観察:十分に明るい環境で、検査部を観察します。


  PT1

検査例

 熱交換器外面の応力腐食割れ
 PT2
 ボイラースーツブロワ先端の焼き割れ
 PT3
 鋼管杭溶接部検査状況
 PT4