本文へスキップ

KITANIPPON NON-DESTRUCTIVE INSPECTION CO.,LTD.

TEL. 025-286-4567

新潟県新潟市東区南紫竹1丁目2番14号

Testing of Stress COrrosion Crackオーステナイト系ステンレス鋼の鋭敏化

原理・特徴

オーステナイト系ステンレス鋼(SUS304,316等)が450〜850℃の熱履歴を持つと、結晶粒中のCrが
結晶粒界にCr炭化物として析出し、結晶粒界近傍のCr濃度が低下し耐食性が低下する現象。


  


    

      


鋭敏化度測定

鋭敏化度測定は、JIS G 0580の「ステンレス鋼の電気化学的再活性化率の測定方法」にも
規格化されている電気化学的再活性化法(EPR法:Electorchemical Potentiokinetic Reactivation method)
に基づき実施しています。測定は、試験面にセル,電解液,電極などをセットし、
活性態域,不働態域へとアノード分極させた後、再び活性態域へ逆掃引します。
この過程でで得られた溶解電流値の比(再活性化率:Ir/Ia)から鋭敏化度を評価します。


       


         DOSテスター A-94 IHI製


・被検体表面温度10〜36℃で適用可能です。
・測定面は上向き/横向きの両方向で計測可能です。
・オーステナイト系ステンレス鋼の母材部/溶接熱影響部への適用が可能です。
 適用鋼種 : SUS304(L材含む)SUS321
        SUS316(I材含む )SUS347



バナースペース

北日本非破壊検査株式会社

〒950-0854
新潟県新潟市東区南紫竹1丁目2番14号

TEL 025-286-4567
FAX 025-286-8026
khk111@r7.dion.ne.jp