本文へスキップ

KITANIPPON NON-DESTRUCTIVE INSPECTION CO.,LTD.

TEL. 025-286-4567

新潟県新潟市東区南紫竹1丁目2番14号

金属組織観察

構造物の使用条件や安全性を考える上で、金属材料の物理的、化学的現象を知ることは非常に重要なテーマです。
金属組織や破壊の形状は材料の性質や使用条件によって特徴ある場合が多く、これを観察することは
様々な現象を知る手がかりの第一歩といえます。
組織観察は、材質の評価は非破壊試験結果の解釈、欠陥発生原因追及と、様々な場面で幅広く行われています。

マクロ試験

エッチングにより巨視的組織を観察します。溶接施工の良否の判定などに有効です。


 


ミクロ試験

顕微鏡による組織の観察により材質判別や欠陥の発生原因推定を行います。
金属試験片による直接観察のほか、スンプに代表されるレプリカでの観察も可能です。


  
     応力腐食割れ           粒界腐食              溶接割れ


破面観察

金属の破壊様式を特定し、さらに構造物の使用環境なども考慮して破壊の原因を追求します。


 
          疲労破壊                     延性破壊


バナースペース

北日本非破壊検査株式会社

〒950-0854
新潟県新潟市東区南紫竹1丁目2番14号

TEL 025-286-4567
FAX 025-286-8026
khk111@r7.dion.ne.jp