本文へスキップ

KITANIPPON NON-DESTRUCTIVE INSPECTION CO.,LTD.

TEL. 025-286-4567

新潟県新潟市東区南紫竹1丁目2番14号

Magnetic Particle Testing磁粉探傷試験

磁粉探傷試験の原理



    

磁石に吸着される材料を磁化させると材料内部に磁束が発生する。
磁束の流れる経路の途中に割れなどのきずが存在すると、その部分では磁束が表面空間に漏洩する。
この場所に、蛍光体を塗布した強磁性体の微粒子を散布すると、
磁粉が凝集・吸着し幅の狭い、(肉眼で見えない)きずを知覚できるようになる。
試験体が強磁性体でないと適用できないが、試験体表面に存在する割れ状のきずの検出に最も優れた試験である。

磁粉探傷試験の方法及び磁粉模様

 

                             

   
  溶接線に検出されたきず      ボルトに検出されたきず      機械部品に検出されたきず
    

バナースペース

北日本非破壊検査株式会社

〒950-0854
新潟県新潟市東区南紫竹1丁目2番14号

TEL 025-286-4567
FAX 025-286-8026
khk111@r7.dion.ne.jp

右の写真のように、携帯型極間式磁化器に
通電しながら検査液を試験面に静かに流す。
この時、きずが存在すれば磁粉模様が
きずの形状として浮かびあがる。
下の写真は割れが存在する箇所の磁粉模様(例)である。