自然電位 E

(mV vs CSE)
 鉄筋腐食の可能性
 
-200 < E

 90%以上の確率で腐食なし

 -350 < E ≦ -200

 不確定
 
E ≦ -350

 90%以上の確率で腐食あり
本文へスキップ

KITANIPPON NON-DESTRUCTIVE INSPECTION CO.,LTD.

TEL. 025-286-4567

新潟県新潟市東区南紫竹1丁目2番14号

自然電位測定

コンクリート中の鉄筋などの鋼材腐食は、電荷の移動を伴う電気化学反応で、
腐食を起こしている箇所をアノード域、その周りをカソード域と言います。
鉄筋が腐食しているとき電子は鉄筋中をアノード域からカソード域へ流れ、アノード部(腐食部)の電位は
卑側(一側)に変化します。この電位を測定することにより鉄筋の腐食推定を行う方法が自然電位測定です。


     




                      〈判定基準〉

                 ASTM C 876(アメリカ,1977年制定)

        


















                

     




バナースペース

北日本非破壊検査株式会社

〒950-0854
新潟県新潟市東区南紫竹1丁目2番14号

TEL 025-286-4567
FAX 025-286-8026
khk111@r7.dion.ne.jp