ビジョン

プロ集団として、
見えないモノを診るチカラを結集し、
未来の安全・安心を約束します


代表取締役社長 北村 真(きたむら まこと)

MAKOTO KITAMURA

このたび北日本非破壊検査株式会社の代表取締役社長として就任いたしました北村でございます。
社長就任にあたりまして、皆様に謹んでご挨拶を申し上げます。

2社のチカラを掛け合わせ、これまで以上に社会を守る価値提供を幅広く提供していきます

北日本非破壊検査株式会社は、2023年2月に株式会社SRIと資本業務提携を締結しました。
北日本非破壊検査は、日本溶接協会CIW-A種認定検査事業者や東京都登録検査機関としても認定されており、業界において高い検査技術レベルを維持しています。SRIは文書管理専門会社として、上場企業や金融機関など幅広い顧客層に文書管理サービス・コンサルティングを展開し、1000社以上の顧客基盤を持っています。この2社の技術力・ノウハウ・顧客基盤・強みを掛け合わせ、これまで以上に社会に価値提供を実現可能なソリューション展開を計画しています。

北日本非破壊検査・SRI、両者の高い使命感により新たな価値を

北日本非破壊検査は検査技術にて社会インフラを守ることが使命、SRIは大手企業を中心とした文書・情報資産を守ることが使命です。この両社の使命感をベースとして、社会・お客様にも貢献できる付加価値の高いサービスを構築することにより、社会に安全・安心を提供する新たなソリューションを提供することで、両社が成長できる戦略構築を描きたいと考えております。

みなさまのご期待に沿えるよう専心努力して参りますので、今後ともご指導ご高配を賜りますようお願い申し上げます。

北日本非破壊検査株式会社 代表取締役社長  北村 真

主な経歴

2010年4月 〜 2013年6月株式会社セキュリティリサイクル研究所(現 株式会社SRI) 常務取締役
2010年10月~株式会社SRIロジテム 代表取締役社長
2013年6月〜 2017年1月株式会社セキュリティリサイクル研究所(現 株式会社SRI)代表取締役副社長
2017年1月~株式会社SRI 代表取締役社長
2023年2月〜北日本非破壊検査株式会社 代表取締役社長

経営品質向上活動

2018年8月経営品質協議会 認定セルフアセッサー
2018年12月日本生産性本部 経営品質協議会 第一回 経営デザイン認証 ランクアップ認証 
株式会社セキュリティリサイクル研究所 ( 現 株式会社SRI)
経営デザイン認証は、「ありたい姿」「現在の環境認識」「変革課題」等、経営の根幹を、対話を通じて「これからの経営設計図」にまとめ、「経営をデザイン」することで、生産性の改善、改革に取り組むことならびに事業承継を活性化することを目的に創設した制度。

2018年度に創設され、初の経営デザイン認証組織を代表して自社のありたい姿をスピーチさせていただきました。
2019年2月顧客価値経営フォーラムⅡ(Session4「これからの経営設計図による経営の見える化」)にて講演
2019年4月茨城県経営品質協議会にて、”ありたい姿の実現に向けて”について講演
2019年9月新潟県経営品質協議会にて、”ありたい姿の実現に向けて”について講演
2019年9月会津若松経営品質協議会にて、”ありたい姿の実現に向けて”について講演
2020年8月〜新潟県経営品質協議会 副代表幹事
2023年2月〜北日本非破壊検査株式会社 経営品質向上活動を開始
2023年7月経営品質協議会(東京)にて、北日本非破壊検査においての経営革新に向けた活動について事例発表

経営の基本理念

基本理念として4つの要素【顧客本位】【独自能力】【社員重視】【社会との調和】を重んじた経営品質向上活動を実践していきます。

【顧客本位】 社会の安全・安心を守るために、社会に求められている価値を創造し、幅広く提供できるよう努めていきます。

【独自能力】 付加価値を創造・提供するために、北日本非破壊検査社員を社会を守る検査員と位置づけ、信頼ある検査技術の維持・継承。 SRIの文書管理・情報管理技術とかけ合わせて、独自能力として磨きあげていきます。

【社員重視】 社員の物心両面の豊さを追求していきます。経営層は社員が個々の能力を最大限に発揮できるよう、働きやすさ・やりがいに満ち溢れる会社風土を目指していきます。

【社会との調和】北日本非破壊検査が社会の一員であることに基づき、社会的責任を果たすとともに、社会への貢献や社会との調和の継続に努めていきます。

インタビュー記事

職場環境改善の取り組み

社員重視の姿勢として、働きやすさ・やりがいに満ち溢れる会社風土を作るためにも、職場環境改善の取り組みを積極的に行っていきます

主要な取り組み

・IT活用で生産性向上×業務効率化

・働きやすい職場環境

・社員の挑戦を後押しする制度
  • リアルタイムマッピング/AR表示できる地中探査レーダーを導入
    リアルタイムマッピング GS8000は探査結果を地図データ上にリアルタイムで表示します。赤い部分が埋設物がある場所、青い部分が何も埋まっていない場所です。シークバーを上下に動かすことで表示する深度を変更することができます […]
  • ダブルキャブ 昇降用はしご
    社内改善の報告がありました。 ダブルキャブに昇降用のアルミの梯子が付きました。 これからはアルミの梯子を使っての昇降お願いします。 とても軽くて持ち運びも楽です。 ぜひ働きやすい改善進めてください!
  • 要望の多かった”傘立て”設置しました
    改善提案にも傘立ての増設が要望されていました。  梅雨に入る前に傘立てを購入しましたのでご利用ください。 ずっと放置された傘は回収することもありますのでご注意ください。
  • 社内表彰 〜2024年度 第1回〜 受賞12名
    3ヶ月ごとに管理職から表彰者を推薦し、社長より選定された社員に賞状と金一封(1万円)が授与されます。昨年度は延べ45名(重複の受賞含む)が表彰されました。 社員の努力・がんばりを事細かに見てあげられる部長・各課の課長が推 […]
  • 秋田車両2台目 フィットハイブリッド、納車になりました 〜長距離移動の安全性・快適性向上のために〜
    秋田で22万キロ近く走行した軽自動車が車検を迎えるにあたって、乗り換えることになりました。今回も程度の良い中古のホンダ・フィットハイブリッドを導入することにしました。 雪深い秋田で活躍する車両なのでもちろん4WD。FIT […]
  • 看板が新しくなりました!
    新新バイパスの紫竹山IC近くで見える北日本非破壊検査の看板、プチリニューアルしました!弊社のマスコットキャラクターであるマモールが掲載された、正社員・検査員募集中というメッセージの看板が設置されました。夜の新新バイパスで […]
  • DX認定にチャレンジします!
    こんにちは、代表の北村です。 この度、DX認定にチャレンジすることになりました。 DX認定とは DX認定制度とは、「情報処理の促進に関する法律」に基づき、「デジタルガバナンス・コード」の基本的事項に対応する企業を国が認定 […]
  • 秋田車両 フィットハイブリッド、納車になりました 〜長距離移動の安全性・快適性向上のために〜
    秋田で22万キロ近く走行した車両が故障し、修理にはエンジン載せ替え必要ということで、今回も程度の良い中古のホンダ・フィットハイブリッドを導入することにしました。 雪深い秋田で活躍する車両なのでもちろん4WD。走行距離が9 […]
  • SECURITY ACTION 二つ星を宣言
    こんにちは、代表の北村です。 このたび、SECURITY ACTION 二つ星を宣言したことをお知らせします。 SECURITY ACTIONとは 自己宣言から始めましょう。中小企業のためのセキュリティアクション。 「S […]
  • バイパスから見える看板、新しくなります
    古くなって劣化した看板をリニューアルします。インフラドクターのマモールくんが、正規社員募集をアピールしてくれます。 社会の安心・安全を守る重要な仕事に、ぜひ参画ください!採用情報
  • 働く場アップデートプロジェクト 改善提案
    働く場アップデートプロジェクトでは、12月~2月にかけて社内の環境整備(物品・検査機器)を進めてまいりました。 このプロジェクトに寄り添っていただいた整理収納コンサルタントからは以下のように評価いただきました。 個人の自 […]
  • 2023年 年間MVP賞の発表
    去年から開始された社員表彰では、3ヶ月ごとに管理職から表彰者を推薦し、社長より選定された社員に賞状と金一封(1万円)が授与されます。2023年は延べ45名(重複の受賞含む)が表彰されました。 その中から、年間MPVとして […]
  • 社内表彰 〜2023年度 第4回〜
    3ヶ月ごとに管理職から表彰者を推薦し、社長より選定された社員に賞状と金一封(1万円)が授与されます。第一回は10名、第二回は10名、第三回は12名が推薦・選定され、表彰されました。今回の対象期間は第4回10月~12月にな […]
  • ISO9001再認証審査、無事終わりました
    弊社では、品質と顧客満足の向上を目的とした国際規格であるISO9001を1999年に取得。自社内のマネジメントシステムを確立し、継続したPDCAサイクルにより、さらなる品質の向上・安定を目指しています。 ISO9001の […]
  • 2024年、北日本非破壊検査はビジョン実現に向けて動き出します
    2024年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。 このたび発生した令和6年能登半島地震によって、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた全ての方々とそのご家族に心よりお見舞いを申し […]